スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対に見破られないために

2008.04.05(22:24)
たとえレンズのカモフラがいかに完璧であろうと目をつけられ声をかけられることもあります。
レンズの確認が出来なくても捕まえに来る熱血正義君もいます。勘違いも含めてそういう人は存在します。
どんなに偽装していても鞄の中を見られたら終わりです。
それでは完璧なカモフラとはいえません。絶対に見つからない、これがポリシーです。

私達のカモフラは鞄の中を見られても盗撮だと思われない、寧ろ見てもらうことで無実を証明できる偽装が施されています。
鞄の中にカメラ、録画機の類がない、そこまで偽装しています。
これはテレビで高度なマジックを見たことがあるなら想像できると思います。
あるはずのものがなくなる装置です。 
私達のカモフラとはそういう性質のものなのでより多くの同志で共有しても誰もそれとは認識できないのです。

お粗末な偽装で世間を騒がせるのは終わりにしましょう。

カモフラについて

2008.04.04(23:18)
カモフラについて少しだけお話します。
例え1mmの穴でもレンズ独特の光沢は消すことが出来ません。一旦疑って見れば結構目立つものです。多くの方のカモフラージュの限界はここに尽きると思います。

私達のカモフラには大きく2種類あります。

■物理的にレンズが全く見えない状態にする方法
■むき出しのレンズがレンズだとは絶対にわからなくする方法です。

外からレンズが見えていないのにちゃんと撮影できる、レンズが見えているのにレンズに見えない、この方法は皆さんも考えたことがあるかもしれません、しかし実際に作ることは出来ないでしょう。
なぜならまず元となる素材の存在を知らないこと。
またもしその素材を手にしてもそれを偽装するアイデアや加工する技術も必要です。

もう一つ重要なのは万が一疑われ調べを受けてもなおバレない、調べることで潔白を証明する、鞄の中も完璧にカモフラージュするということです。
ここには奇術師の協力なくしてはできえぬアイデアと技術の結晶が詰まってます。
モノが消えるマジックを思い浮かべてください。装置さへ完成させれば後は簡単にイリュージョンを起こせるのです。

旧地下サイトのT氏はじめ、各会員さまの協力で完成させることが出来たものです。
そしてこの新サイトでの販売を了承してくれたことに感謝します 
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。